資産

協議離婚の財産分与

財産分与という言葉知っていますか?
聞いたことはあるけれど内容までは、いまいちよく知らないといった方も多いのではないでしょうか?
あまり、日常的な行動ではないですからね。

財産分与とは離婚をするとなって、慰謝料よりも問題になってしまうことが多いと言われていますね!
婚姻生活をしていた時に、夫婦が協力し一緒に貯めてきた財産を、離婚する時に清算することを言います。

例えば、不動産や車、貯蓄や有価証券などがあります。
名義は夫の名前となっていたとしても、妻の協力や貢献もあって購入できたものに変わりはありません。
名義が夫でも、夫婦の共有財産になるんですね。

そこで、法律で認められた権利から、公平に分けるという形をとります。
離婚の原因が何であろうと、関係ありませんが、原因を作った側の財産分与の方が
慰謝料を払うことになるので、少なくなるということはまれにあります。

離婚後の経済的なことを考えると、配偶者の方がどうしても立場が弱くなってしまいがちです。
離婚をした後の生活にも困ることがない様にという扶養目的も含まれているんです。
病気を抱えていて、自分で生活していくという事が難しいとう場合には、生活費を払うということも。

また、不法行為といった場合の慰謝料は、財産分与とは別として話し合われます。
しかし、合算して支払われるという場合もあるので、
詳しい内容は離婚協議書に確実に明記することがいいですね。

財産分与に関しては、本当に難しい内容となっています。
離婚時に混乱しないためにも、どうしていいかわからないままにしておかずに、
少しでも知識をもっていることで、だいぶ変わってくると思います。

複雑なことになる前に、しっかりと把握しておく事が大切になってきますね。
いつ、何が起こるかわからないことだからこそ、前もって知識を知っておくといいと思います。
分からないままにしておかずに、少し確認程度に見てみるのもいいかもしれませんよ!

Menu